(110109)025.JPG

南西風 15ノット超 2m以上のうねりと厳しい状況でしたが、
精鋭のメンバー9人でレースに挑みました。
1レース目は3回のゼネリコにもめげず大形艇と最後まで競り合う展開でフィニッシュ。
2レース目 上一番で絶好のスタートと思った瞬間、ちょっとした?トラブル発生などがあり、1レース目に比べれば凡庸な成績でしたが、総合では7位というまずまずの新年のスタートでした!!


(110109)068.JPG

夜は恒例の新年会。
昨年来から検討中のチームロゴも決定しました!!

2レース目 上一番で絶好のスタートと思った瞬間、目の前に40フィートの「A」艇が現れ激突!
アデレードのバウの直撃を受けた「A」艇は船腹を損傷、しばし並走の後 リタイヤでしていきました。
先方のミスとは分かっていても気の毒なシーンでした・・・
当方はバウマンM君が衝突の瞬間飛び出しそうになしましたが重要な損傷もなくレース続行。

レース後帰港すると「A」艇のオーナーがすぐに見えて、アクシデントの謝罪をしてくださりました。
自艇の損傷を考えればなかなか冷静な対処をするのが難しいシーンで、誠意あふれる対応に、むしろ恐縮してしまうメンバー一同でした。
日頃の人柄など尊敬する「O」オーナーですがこういうシーンでも益々尊敬を深めてしまいます・・

ビニールで応急処置をした損傷はいたいたしく、アデレードのバウにほとんど損傷がないのが不思議な程でした。
艇の損傷は気の毒でしたが、派手な衝突の割には双方に怪我人もなく(多分?)不幸中の幸いでしょうか?・・・

コメントを残す


8 − = 六

Archives

TOPへ戻る